おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 45シングルアンプ・新旧アンプの比較試聴

<<   作成日時 : 2017/07/21 18:51   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

新45シングルアンプがほぼ完成したので、新旧の45シングルアンプの比較試聴をやってみた。片方のアンプを使っていろんな曲をしばらく聴き、イメージができたところでもう一方のアンプに替え、しばらく聴くというやり方で行った。試聴は何度も繰り返した。


画像

結果は新45シングルアンプのほうが低域に力がある反面、高域がおだやかな感じ。旧45シングルアンプのほうが高域に輝き(とでもいうのかな)があって気持ちよく聴いていられる。

旧45シングルアンプのほうが良いと思った。せっかく新しいのを製作したのにこれでは意味がないではないか。

回路は旧45シングルアンプがFETと6J5のカスコード、Trのエミッタフォロアで45を直結駆動していてカップリングコンデンサが無い。新45シングルアンプは6DN7のカソードチョークで45を直結駆動していて初段カスコードとはカップリングコンデンサで接続している。

本来ならカップリングコンデンサの有り無しで差が出たんだよ、と言いたいところなのだが、新45シングルアンプにまだチューニングの余地が残されているかもしれない。

以前拙VT-62シングルアンプでコンデンサ実験をやったことを思い出した。


画像

新旧45シングルアンプは私が信号ショートループと呼んでいる回路方式を採用している。カソードバイパスコンデンサCkが無いので、出力管〜OPT〜信号ループ形成用コンデンサCloopで一周し、電源コンデンサCbを通らない。

そこで小容量のカソードバイパスコンデンサCkを接続してみたところ、音色のチューニングが可能であることがわかった。妻のコメント「すっきりとして聴きやすい」が気になった。


画像

新45シングルアンプの回路上に追加したコンデンサを赤枠で示す。手持ちの都合上0.47μFとした。

早速聴いてみたが当初は音色に全く変化が感じられなかった。しばしば経験しているが、こういうチューニングは瞬間的に変化が出るとは限らない。逆に変化があっても、それが時間とともに変わるかもしれない。

ながら聴きして数時間経つと、曲によっては鮮烈とも言えるような感じに変化してきた。これなら旧45シングルアンプと比較しても遜色がない。しいて言えば新45シングルアンプはオールマイティーというイメージかな。旧45シングルアンプには高域にキラキラ感がある。

音色に違いがあるのは明らかだけど、どっちも良い。
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

45シングルアンプ・新旧アンプの比較試聴 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる