おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 6550 CSPPアンプ・電源部の平ラグ板作成

<<   作成日時 : 2017/04/03 18:54   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日作成した電源部の平ラグパターン図を元に基板を作成した。


画像

こんな感じになった。CRや半導体の挿し間違い、ジャンパー線の忘れが無かったのでスムーズに完成。黄銅スペーサー端〜電解コンデンサの頭までの高さは約46mmで、裏蓋との距離は2.5mmほど余裕がある計算になる。

発熱する抵抗はリードを長くして放熱するようにしている。15Pの平ラグだと中央部がたわむけど、配線があるのでシャーシとのショートは起こらないと思う(単に黄銅スペーサー1個をケチっただけ)。


画像

FETをシャーシに取り付けて放熱するので平ラグ板からは離れたところにある。


画像

ついでに裏側から。FETの発振防止に1KΩの抵抗をゲートに直付けしている。また、FETへの配線はラグのハトメ側にハンダ付けしてラグの先端に配線をハンダ付けする時に外れないように考慮している。

なお接続チェックは済んでいるけど実際に動作させたら何か問題が起こるかどうか、現時点ではわからない。

電源部の平ラグ基板が完成したので、後はアンプ部のユニバーサル基板を作成する予定。
                

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

6550 CSPPアンプ・電源部の平ラグ板作成 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる