おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 6550 CSPPアンプ・初段とドライブ段の実験

<<   作成日時 : 2017/03/22 18:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

6550 CSPPアンプはドライブ段でどの位の電圧が得られるのか気になったので、バラックを組んで実験してみることにした。


画像

まずは2SK117BLの選別。エアコンを止めて風の影響を受けないようにする。FETを摘むのは竹ピンセットにして温度が下がらないようにした。

ちなみにちゃんと揃えても5687WAのμやrpのバラツキで利得が変わるので、厳密に合わせる必要はない。


画像

Id=1.8mAで選別し、58本から4本を選んだ。Vgsはそれぞれ340.0mV/340.0mV/341.0mV/340.8mVとなった。


画像

実験回路を上記に示す。+BはDCDCによる昇圧、初段は24VのACアダプタ2個、-Cはツェナーによる降圧で供給する。5687WAの点火はヒータートランスを使う。カップリングコンデンサを挟んでの47KΩは6550のグリッド抵抗に相当する。

手持ちパーツを使ったためアンプ部は設計した回路とすこし異なっているが大差ない。


画像

組んだバラック。グチャグチャだけどとりあえず動作している。


画像

1KHzで差動の片側150Vrmsの波形。10:1プローブを入れてオシロ本体で半分のアッテネート。150*2.83=424.5Vp-pが得られている。設計時の6550に必要なドライブ電圧は340Vp-pだったから十分余裕がある。この時の出力は35W/8Ω。


画像

170Vrmsくらいが最大出力となった。波形にすこしナマリが見える。170*2.83=481.1Vp-pで、ロードラインを引いて求めた522.5Vp-pよりは低いが十分すぎるほど。出力段の利得を1.7として計算すると出力が76Wまではドライブ可能と出たけど本当だろうか?

1KHzの片側出力10Vrmsで利得を調べたところ、初段が20.9倍、ドライブ段が14.1倍となった。初段及びドライブ段の利得は20.9*14.1=294.7倍となる。

設計では初段19.7倍、ドライブ段16.2倍で19.7*16.2=319.1倍とほぼ一致。実験では初段の利得が高く、ドライブ段の利得が低くなった。ただし5687WAが1本だけの実験なので、実際にはバラツキがあるはず。
        

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
教えてください。
100ΩVRは「5687WAのμやrpのバラツキ」
までをを吸収するためのもなのでしょうか?
私は2SK117のバラツキ用と勘違いしていました。
CSPPは魅力的なアンプですね。
完成した際には、ぜひ聞かせていただきたいです。
daikunomokichi
2017/03/23 20:32
daikunomokichiさんこんばんは。
100Ω半固定はセンタータップ付チョークコイルKL10-05のDCバランス用です。5687WAによる利得のバラツキは調整できません。もし調整するのなら2SK117のソース抵抗2本の値を変える必要があります。
おんにょ
2017/03/23 21:07
reありがとうございます。
チョークコイルまでを含めた件了解しました。
追伸
LM334Zを調達しました。
daikunomokichi
2017/03/24 05:16

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

6550 CSPPアンプ・初段とドライブ段の実験 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる