おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 6FJ7シングルアンプ・解体〜シャーシ塗装

<<   作成日時 : 2017/02/22 18:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

6FJ7シングルアンプのシャーシを塗装するため試作機を解体した。昼間なら気温が5℃以上になるので塗装ができると判断。本当は6HA5パラシングルアンプのほうを先にやるつもりだったのだが、こちらのほうを先に塗装して様子を見ようと思った。    


画像

こんなふうにバラバラになった。解体するとハンダ屑が飛び散るので困る。白手袋をしているのでヤケドの危険性はあまりないけど。


画像

塗装に使用するスプレー類。今回はトヨタ車用ダークグレーマイカメタリックの1E2にした。これは殆ど黒で、マイカが入っているため光が当たるとキラキラする。

シャーシはコンパクトロンソケットを横向きに取り付けるつもりで3.2mm穴を2ソケット分の4個追加工した。使わない穴はネジでふさぐ。

リューターにペーパーコーンを取り付けて罫書き線や溶接跡を消す。浴室で#400のペーパーで水研ぎ。乾かしたら塗装しないところにマスキングテープで広告紙を貼り付ける。


画像

塗装はあらかじめ缶を暖めておく。私はペットボトルをカットしたものを使っている。


画像

これはカーボンヒーターで簡易焼付塗装(50℃〜70℃)を行っているところ。塗装する前も暖めておく。

スプレー塗装→タレない程度に乾いたら簡易焼付塗装のサイクルをプラサフ2回、本塗装2回、上地塗装3回で行う。全部で7サイクル。1サイクルに1時間程度かけている。

スプレー塗装中に風は禁物なので、風が弱まる瞬間を見計らって行っている。屋外だとどうしてもそうなってしまう。こういう時には塗装ブースが欲しい。

プラサフと本塗装1回めには#2000のペーパーでホコリを落としている。それ以外は単に塗り重ねるだけ。後に磨き工程でホコリを落とす。


画像

塗装が終わったら紙やマスキングテープを剥がして1時間、簡易焼付塗装を行って完了。


画像

ネジはダンボールに挿し込んで塗装。すこし浮いているのがわかるだろうか。こうするとネジの頭の塗装がダンボールにくっつかない。あまり浮かせすぎるとネジ溝に塗装がついて締めるのに力が要るようになってしまう。


画像

カーテンレールに吊るして数日乾燥させる。この後は大変な磨きだ。

中国製の真空管アンプは艶出し塗装がされているがどのようにやっているのだろう。やはり女子工員がひたすら布にコンパウンドをつけて磨いているのだろうか。バフがけするにはシャーシが小さすぎると思うのだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

6FJ7シングルアンプ・解体〜シャーシ塗装 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる