おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 6550 CSPPアンプ・初段の設計

<<   作成日時 : 2017/02/18 18:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

6550 CSPPアンプで初段の設計をしてみた。基本的にはFETによる差動回路でドライブ段に直結する。カットオフ周波数を伸ばすためにトランジスタによるカスコードとした。


画像

3段アンプなので利得を欲張ると総合利得が多すぎになってしまう。FETは2SK117、Trは2SC1815GRを採用、電源電圧は42Vで負荷RLは10KΩとし、電流は片側1.8mAとした。


画像

LTspiceでシミュレーションした時の回路図を上記に示す。R6とR7はDCバランスの半固定抵抗のつもり。この条件で利得は25.9dB(19.7倍)で最大振幅は71.6Vp-pが得られた(VOUT1〜VOUT2)。

ここで、利得の計算をしてみる。

ドライブ段は5687WAのプレートチョークでチョークのインピーダンスと出力段グリッド抵抗の並列ではRL=42.5KΩ、5687WAのμ=17、rp=2KΩとすると
A=μ*RL/(rp+RL)=17*42.5K/(2K+42.5K)=16.2倍
となる。合ってるかな?

初段 19.7倍
ドライブ段 16.2倍
出力段 1.7倍
OPTの変圧比 √(1.1K:8)=11.73:1…OPTのインピーダンスはバイファイラ巻きによって並列となっているので1.1KΩとする

OPTの損失を10%とすると
19.7*16.2*1.7/11.73*0.9=41.6倍
仕上がりの利得を15倍とするとNFB量は8.9dBとなる。すこし多めだが実機で調整するのが良いと思う。

次回は電源回路の設計を予定。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

6550 CSPPアンプ・初段の設計 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる