おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 6550 CSPPアンプ・プレートチョークドライブの検討

<<   作成日時 : 2017/02/17 18:56   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

前回はブートストラップによるドライブ方法を検討したが、今回はプレートチョークによるドライブ方法を検討する。プレートチョークにはセンタータップ付きチョークで染谷電子のKL10-05を起用する。


画像

KL10-05のインピーダンス特性を上記に示す。オープンでは山型のインピーダンスカーブを描くが、並列に次段のグリッド抵抗を接続することで平坦になってくる。今回はものの試しということでグリッド抵抗を47KΩとする(合成インピーダンスは42.5KΩ)。


画像

ドライブ管には手持ちの5687WAを使ってみよう。これはコンピュータ管でrp=2KΩと低く、Ep max=330V、Pp max=4.2W(each plate)という力持ちで、ヒーターも6.3V0.9Aで並みの出力管以上、大食いのタマだ。


画像

回路図を上記に示す。


画像

5687WAのEp-Ip特性図にロードラインを引いてみた。+B(350V)から5687WAのカソード電圧を引くと308.7Vとなり、ここからKL10-5の巻線DCRである870Ωのロードラインを引く。ロードラインとIp=6mAの交点が動作点となる。この動作点から42.5KΩの交流ロードラインを引く。

ドライブ電圧は522.5Vp-pも得られた。これなら前々回で求めたKT88(6550)のドライブ電圧340Vp-pを十分カバーしていることになる。


画像

グリッド抵抗を33KΩとし、合成インピーダンスを30.4KΩとしてロードラインを引いてみた。動作点を変更していないので右下の線分が短いが、それでも444Vp-pのドライブ電圧が得られた。プレート電流を増やせば最適化できる。

さて、次回は初段の検討をする予定。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

6550 CSPPアンプ・プレートチョークドライブの検討 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる