おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 6B5シングルアンプ・KA-5070Sを試す

<<   作成日時 : 2016/07/06 18:57   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

6B5シングルアンプのOPTをノグチトランスのPMF-6WSから春日無線のKA-5070Sに変更してみた。


画像

KA-5070Sは2次の接続をひっくり返して使うことができる(春日無線方式)。


画像

KNFをかけた状態で正接続と逆接続で周波数特性を測定してみた。上記のようにかなり変わる。今回は高域が伸びている逆接続で試してみる。

KNF無しでの利得は18.2倍(25.2dB)で、KNF有りでは13.3倍(22.5dB)。KNF量は2.7dBですこし減った。DFも0.76で低くなった。おそらくKA-5070Sの損失が多めなのだろう。


画像

オーバーオールNFB有り無しの周波数特性。利得は6.7倍(16.5dB)となり、オーバーオールNFB量は6.0dB。

20Hzでも-0.2dBでさすがOPTのインダクタンスが高いことはある(DC重畳30mAで50Hzでは29.2H)。高域はNFBをかけたら逆に下がってしまった(1KHz〜40KHz)。KNFと併用すると予期せぬ事が起こる。高域の-3dBは30KHzとかなり低め。


画像

NFB抵抗は270Ωのまま、位相補正容量は無しなのだが、DFは1.53とやはり低い。DFを増やすにはNFB抵抗の値を低くすれば良いのだけれど、総合利得も下がってしまう。


画像

歪率特性も測定してみた。歪率5%における100Hzの出力が2.5Wに増えた。すこしだけ〜みたいなカーブを描いている。OPTとDCDCが離れたので高周波ノイズの飛び込みが減ったせいだろうか。


画像

この状態でとにかく聴いてみる。みのむしクリップでOPTを接続していてシャーシも横倒しの状態。

なんか音量が上がらないなと思っていたらトランス式USBDACをTpAs-203版じゃなくてTpAs-202版につないでいた。DACがそっくりだから間違えてしまった。TpAs-203版は出力2V、TpAs-202版は出力0.5V。

DFが低いこともあるが低音がモリモリ出てくる。ボンボン出てくるといったほうが正確か。高音の輝きはそのままなのでドンシャリみたいに感じる。これはこれで面白い。手持ちにこんなアンプがあっても良いかなあ?

これでもっと利得を増やすことができればオーバーオールNFBをもっとかけられるからDFを2程度に持っていけるだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ドライバのプレートを、ファイナルのプレートに接続すると、ヨロシイかも。 お試しあれ。
ダーリントン
2016/07/07 17:02
ダーリントンさんコメントありがとうございます。
PG帰還のようになるみたいですね。入力インピーダンスが下がる、出力インピーダンスも下がる、利得も下がるようです。初段をカスコード化して利得が増えたのでやってみましょうか。
おんにょ
2016/07/07 18:50

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

6B5シングルアンプ・KA-5070Sを試す おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる