おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 6B4Gシングルアンプ・組み立て開始

<<   作成日時 : 2016/05/11 18:53   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

そろそろ塗装が乾いたかな、ということで組み立てを始めた。TANGOのU-808は端子が下にあるので、あらかじめ配線を取り付けておかないと後で配線できない。

ここでU-808って2段アンプ用だったか3段アンプ用だったかなとしばらく考えこんでしまった。解体時に何も考えずに配線を外してしまったからわからなくなった。

WebでU-808を使ったアンプの回路図を検索してみると、2段アンプ用であることがわかった。2次側の@がGND、Bに8Ωをつなぐと1次はPとBそのままの表示通りにつなげば良い。この時の1次インピーダンスは3.5KΩとなる。


画像

外装パーツをつけ終わったところ。何しろトランスが重いので、ネジを取り付けるにも苦労する。シャーシを裏返しにしてトランスを手で持ち上げ、ネジを手探りで穴に差し込み、落ちないように指で押さえながらワッシャやナットをはめる。

OPTの位置がすこしずれているけど気にしないことにする。ずらしているうちに傷つけてしまうよりはましだ。トランス類にはティッシュと広告紙で傷防止の養生をするつもり。

フロントパネルがトグルスイッチとネオンランプだけになった。以前は古風なツマミが2個ついていたから印象が違って見えると思う。


画像

シャーシ内部。初段系の立ラグにはCRや半導体がついたままになっている。このほうが楽だと思うけどどうかなあ。

この後は配線作業に入るが、なにしろこのアンプは重いから動かすのは大変だ。内部は広々しているのであまりハンダ付けするたびに回す必要はないと思うけど。

腕を使って疲れるだろうから少しずつ進めようと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トランスの1次:2次の位相は、テスターが2台、その内1台アナログメーターのテスターがあれば簡単です。
1次側の抵抗を測ると、2次側に一瞬電圧が生じますから、そのメーターの振りを見て位相を確認できます。
klmnji
2016/05/12 21:53
klmnjiさんこんばんは。
良いアイデアをありがとうございます。1次側につなぐテスターのΩレンジでテスターリードの電圧が+−どちらなのかを確かめておく必要がありますね。
おんにょ
2016/05/12 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

6B4Gシングルアンプ・組み立て開始 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる