おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS VT-62シングルアンプ・パスコンの違いとクロストーク特性

<<   作成日時 : 2016/02/24 18:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

VT-62シングルアンプのカソードバイパスコンデンサをそれぞれ3つの回路でクロストーク特性を比較してみた。


画像

それぞれの回路を上記に示す。(1)はノーマルのカソードバイパスコンデンサの接続方法、(2)は信号ショートループで+B〜カソード間にコンデンサを追加、(3)は信号ショートループのみ。

詳細は出力段の信号ループ最短化実験に記載されているのでこちらをご参照。


画像

それぞれの回路でL→Rのクロストーク特性を比較した。低域のクロストークはショートループが一番良く、パスコン+ショートループでは殆ど違いはない。

(2016.02.25追記)
コンデンサの耐圧の関係でパスコンのほうの容量が大きく、インピーダンスがショートループに比べて低いので、低域のクロストークがパスコンで支配的になっている可能性がある。
(追記ここまで)

高域では逆にショートループの悪化が起きている。ただ20Hz〜20KHzの可聴周波数帯域では低域の改善度合いが大きい。

カソードパスコンのみではGNDの共通インピーダンスの影響で低域のクロストーク悪化が見え、ショートループでは+Bの高域インピーダンス上昇が高域のクロストーク悪化として見えているのではないだろうか。

なお、残留ノイズはいずれの回路でも差は無く、+Bの残留リプルは低いと考えられる。


画像

R→Lのクロストーク特性。こちらも同じ結果になった。

それぞれの回路で試聴した結果は、ショートループでは低音が充実し低域から高域までバランスが取れた感じになった。音場の表現はどの回路方式でもあまり違いはなく、私の駄耳では聞き分けられないみたい。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
定量的にパスコンの違いとクロストーク特性を見ることができて、勉強になりました。
頭の中だけだと、(2)信号ショートループで+B〜カソード間にコンデンサを追加、にしたくなるのですが、コンデンサ容量によってはショートループだけの方が、低域での改善効果が高いとは。
実験してみないと分かりませんね。
同じ数のコンデンサなら、カソードバイパスを+B電源に回した方が高域での改善も図れるというわけですね。
klmnji
2016/02/25 09:59
klmnjiさんこんばんは。
耐圧の関係で2つのコンデンサの容量値が異なっています。パスコンを100uF程度に減らしたらパスコン+ショートループの改善具合が良くなる可能性があります。
おんにょ
2016/02/25 18:23

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

VT-62シングルアンプ・パスコンの違いとクロストーク特性 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる