おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS アンディクス・オーディオのOPT-S14

<<   作成日時 : 2015/12/23 18:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

じつはアンディクス・オーディオで年末セールをやっていて、店頭在庫品が1割引だったのでOPT-S14を買ってしまった。どうも気になるとつい衝動買いしてしまう。バカなのだ。


画像

仕様を上記に示す。ユニバーサルのシングルOPTで、1次は2.5KΩ・4KΩ・7KΩ・10KΩで2次は4Ω・8Ω・16Ωとなっている。タップが多く出ていていろんな組み合わせが考えられる。ハイライトコアで10KΩでのDC重畳最大電流は70mAとなっている。

サイズはW81mm×H69mm×D60mm。重量は実測864g、10KΩのDCRは実測330Ωだった(室温約18℃)。


画像

シングルOPT測定治具を使ってインダクタンスを測定した結果を上記に示す。DC重畳電流はVT-62のIpを想定して30mAとした。50Hzでのインダクタンスは18.5Hとなった。


画像

続いてインピーダンス特性。オシレータの信号源インピーダンスは治具を改造して10KΩとした。2次に8Ωを接続し、1次10KΩでの特性を測定した。1KHzでのインピーダンスはちょうど10KΩとなった。40KHzにピークが出ている。


画像

DC重畳30mA、2次に8Ωを接続。信号源インピーダンスはVT-62のrpを想定して5KΩでの周波数特性を測定。出力は4.4mWと極小出力だが、オシレータの出力は最大の10.8Vで測定している。

正確にはオシレータの出力インピーダンス600Ωが加わるので5.6KΩだが、差は殆ど無いだろう。30KHzから75KHzにかけてディップがある。6dBのNFBをかけたら低域特性はかなり改善されると思う。75KHzのピーク(というのか)が出っ張ってくるので位相補正が必要になると思われる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

アンディクス・オーディオのOPT-S14 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる