おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS SV811-10Aアンプ・RW-20の特性

<<   作成日時 : 2015/11/11 18:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

開発を凍結していたSV811-10Aシングルアンプだが、注文したソフトンのRW-20がようやく届いたので再開しようと考えている。

アンプにRW-20を実装する前にインダクタンスとインピーダンス特性を調べておきたい。周波数特性は実装後に評価する予定。


画像

RW-20。メーカーのWebはこちら。UL1015の配線が使われており、1次はAWG20、2次はAWG16。AWG16はオーバースペックではなかろうか。余った配線はケース内に押し込んでおけば良いので、シャーシ裏にぐるぐるまとめる必要はない。


画像

1次側は黄〜橙で5KΩ、青〜橙で2.7KΩ(正相接続)。2次側は6Ωとなっている。2次側に8Ωを接続すると1次側黄〜橙は6.6KΩとなる。正相接続は2段増幅用の接続のようだ。

1次黄〜橙のDCRを測ってみたところ2個とも125Ωだった。室温は20℃くらい。


画像

DC重畳60mAでのインダクタンスを測ってみた。50Hzでのインダクタンスは10.5Hとなった。


画像

2次側オープンでのインピーダンス特性。


画像

2次側に8Ωを接続した時のインピーダンス特性。平坦部では5.9KΩと予想より0.7KΩ程度低くなった。

同様に測定した春日無線KA-5070Sの5KΩインピーダンス特性は平坦部が5.1KΩだったので、アンプにRW-20を換装してもインピーダンスはあまり変わらないと思われる。

KA-5070Sの1次5KΩでのインダクタンスは18.9Hだったから、RW-20に換装すると低域の落ち込みが早くなるかもしれない。


画像

インピーダンスの比較をgifアニメで作ってみた。RW-20が高域に寄っているのがわかる。

RW-20の高域特性、損失の低さ、音のヌケに期待しているので、それらが良ければ低域をある程度犠牲にしても構わないと思っている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
なかなか好感触のようですね!
巷では、ソフトンのOPTの評価って聞かないので楽しみです。
ちなみに、自分の三段全段差動6AH4GTアンプはソフトンのRX-30-8を使いました。なかなか好印象でした。
ひでじ
2015/11/12 17:42
ひでじさんこんばんは。
本日SV811-10AシングルアンプのOPTをRW-20に換装したのですが、予想したことが起きました。特性はまずまず、音色はエージングに期待といったところです。詳細は後日ブログに書きます。
おんにょ
2015/11/12 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

SV811-10Aアンプ・RW-20の特性 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる