おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 17JZ8 CSPPアンプ・ちょこっと改造

<<   作成日時 : 2015/11/09 18:58   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

17JZ8 CSPPアンプの初段はFETと三極管のカスコードになっている。電源オフ後に三極管のヒーターが冷えてしまうと+B1がブリーダー抵抗のみの放電となるため、数分経っても電圧が下がらないことが気になっていた。


画像

回路図を上記に示す。電源オフ後はR18・R19・R20・R21でチョロチョロ放電される。+B1は定常時には実測442Vだったが電源オフ後1分で158V、2分で111Vとなかなか下がらない。


画像

LTspiceで+B1回路をシミュレーションしてみた。電源オフ後5秒で三極管のヒーターが冷えて電流が流れなくなるとした。


画像

シミュレーション結果。10秒後に電源オフ、その5秒後にヒーターが冷えた後は電圧がだら下がりになっている。電源オフ後1分後では163.2V。


画像

ではブリーダー抵抗R1・R2・R3・R4を1MΩから220KΩに減らしてみた。


画像

シミュレーション結果。電源オフ後1分後では44.3Vまで下がっている。

ブリーダー抵抗を変更しただけでは+B1電圧が下がってしまう。そこでR5を6.8KΩから6.1KΩに減らしたところ、電圧は元の449Vになった。


画像

シミュレーション結果を上記に表に示す。残留リプルの値も読み取って記入してある。回路変更後では4.1mVから5.5mVに増えた。


画像

実測した回路変更前後における残留ノイズと+B1電圧を上記に示す。+B1電圧は120秒後に11Vまで下がるから、それくらい待てばシャーシ内に手を入れても大丈夫ではないだろうか。残留ノイズは変わらなかった。

今のところ副作用は見られない。

画像

改造後の回路図。R17〜R21が変更したところ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

17JZ8 CSPPアンプ・ちょこっと改造 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる