おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS SV811-10Aシングルアンプ・実験機の平ラグ基板作成

<<   作成日時 : 2015/10/07 18:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先日作成した寄せ集めの回路図にしたがって平ラグ基板を作成した。


画像

それぞれフィラメント電源、6L6GC電源、6L6GCカソード抵抗、初段アンプ、+B電源の5つに分けた。SBD(ショットキーバリアダイオード)や+B電源用のMOSFETは放熱のためにシャーシへ固定するので基板には乗せていない。


画像

+B電源基板は混みいっているので平ラグレイアウト図を作成した。他の基板はメモ書き程度で済ませた。


画像

シャーシにパーツを乗せてみたところ。SV811-10Aの発熱は60W弱で、いわば60Wの白熱電球みたいなもの。熱に弱い電解コンデンサはなるべく遠ざけたいという気持ち。


画像

SV811-10Aは固定バイアスなので電流を監視したい。カソードに1Ωを入れてテストピンジャックでDMMにて電圧を測定し、電流を測定できるようにする。70mAなら70mVとなる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

SV811-10Aシングルアンプ・実験機の平ラグ基板作成 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる