おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 春日無線のシングルOPT、KA-5730とKA-54B57Tの比較

<<   作成日時 : 2015/09/29 18:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

春日無線では出力5WのシングルOPTにKA-5730KA-54B57Tの2製品が販売されている。仕様はかなり似ていて、違いといえば1次最大重畳電流くらいしかない。そこで、何が違うのか比較してみることにした。


画像

まずはじめに仕様比較。重量は微妙に違うけど、それ以外は1次最大重畳電流の違いしかない。

実測(24℃)の1次DCRはB-7KΩ間でKA-5730が324Ω、OUT-54B57が296Ωだった。KA-54B57TはOUT-54B57を合わせカバーに立てて入れたもので、中身は一緒。


画像

KA-5730のインダクタンスを1次DC重畳電流有り無しで調べた。重畳電流は30.6mAで仕様の30mAをわずかに超えているけど気にしないことにする。50HzでのDC重畳でのインダクタンスは15.9Hとなった。


画像

KA-5730のインピーダンス特性。DC重畳でのカーブがお椀型になったけど、何か測定ミスをしているのかもしれない。


画像

KA-5730の0-8Ω間にダミー抵抗8Ωを接続した時の1次インピーダンス特性。400Hzでのインピーダンスは6.9KΩと、仕様に近い結果となった。


画像

次にOUT-54B57のインダクタンスを1次DC重畳電流有り無しで調べた。50HzでのDC重畳でのインダクタンスは13.4Hとなった。KA-5730に比べインダクタンスは低めだが周波数での変化が少ない。


画像

OUT-54B57のインピーダンス特性。今度は頂上のある三角形となった。


画像

OUT-54B57の0-8Ω間にダミー抵抗8Ωを接続した時の1次インピーダンス特性。400Hzでのインピーダンスは6.4KΩと、仕様に比べすこし低め。


画像

それぞれの比較を上記に示す。KA-5730のほうがインダクタンスが高め。


画像

次にKA-5730をアンプに実装した時の周波数特性を参考に添付。これはEL32シングルアンプで、EL32をUL接続にしている。


画像

OUT-54B57をアンプに実装した時の周波数特性を参考に添付。これはCV4055シングルアンプ1号機で、CV4055をUL接続にしている。

OUT-54B57のほうが高域が伸びているのに対し、KA-5730は低域寄りで高域の低下は早めとなっている。

どちらも周波数特性は素直だからNFBが安定してかかると思う。低域重視ならKA-5730、ワイドレンジを狙うならKA-54B57Tかなあ。


画像

EL32シングルアンプの歪率特性を参考に添付。100Hzと10KHzのカーブが重なっているが、10KHzが悪めなのかどうかはわからない。


画像

CV4055シングルアンプ1号機の歪率特性を参考に添付。100Hzだけ悪めなのはコアサイズによるものと思われる。

歪率特性の差は回路の違いもあるのではっきりとはわからない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

春日無線のシングルOPT、KA-5730とKA-54B57Tの比較 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる