おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS 4P1Lプッシュプルアンプ・動作の確認

<<   作成日時 : 2015/04/25 18:55   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

配線チェック後に真空管を挿さずに電源投入、電圧チェック。初段カスコード及び電源系に異常は見られない。


画像

真空管を挿して再び電源オン。電圧を確認する。初段カスコードの電圧が高めだが、ほぼ予定通り。

測定器を接続してチェック、動作していることを確認。


画像

利得は34.5倍、すこし高め。おそらくKNFが少なめなのだろうと想像。周波数特性は十分。残留ノイズは0.74mVと高め。

DFは1.1と低い。前述のKNFが少なめのためと思われる。gmが低いとKNFが少なくなる。

NFBに適当な抵抗をつないでみると出力電圧が増える? あれれ、おかしいな。PFBになっている。


画像

上記はEL32ppアンプの回路図。EL32ppアンプは3段アンプ、4P1Lppアンプは2段アンプだから、P1とP2が逆にならなければならない。間違えた!

一番簡単なのは4P1Lのグリッド配線を入れ替えることだが、実際のレイアウトと回路図で4P1Lが入れ子になってしまう。やはりプレートとカソード配線を入れ替えたほうが良さそう。


画像

変更した回路図。P1とP2、16Ωと0Ωを入れ替えた。こうしないとKNFがKPFになってしまう。


画像

配線を変更したところ(赤と緑)。

修正後にNFBを確認するとまた出力電圧が増えてしまった?あれれ?


画像

よくよく考えると、基板のNFB配線を入れ替えなければならないことが判明。OPT2次の0Ω側はGNDでないのでPFBになってしまう。普通は0Ω側がGNDなので利得は変化しないんだけど。


画像

変更後のアンプ部基板。白い線が変更したところ。

これでようやくNFBがかかるようになった。ヤレヤレ。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

4P1Lプッシュプルアンプ・動作の確認 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる