おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS AC電圧計の周波数特性

<<   作成日時 : 2015/02/23 18:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

自宅で使用しているAC電圧計の周波数特性を測定してみた。
測定機器はとりあえず、
@ミリボルトメータ LEADER LMV-181B
Aデジタルマルチメータ sanwa CD800a
Bオーディオアナライザ Panasonic VP-7721A
の3台。

発振器はTEXIO AG-205を使った。仕様では、正弦波が10Hz〜1MHzで±0.5dBとなっているので、大体の傾向はわかるだろうというもくろみ。


画像

発振器TEXIO AG-205とミリボルトメータ LEADER LMV-181B。


画像

デジタルマルチメータ sanwa CD800a。


画像

オーディオアナライザ Panasonic VP-7721A。

測定電圧は+1.0Vrmsにした。本来は0dbvで+0.775Vrmsにするのが業界の常識だろうか?


画像

結果のグラフを上記に示す。

LMV-181Bは10Hz〜1MHzで+0.09dB〜-0.26dBの間に収まっている。もっともAG-205自体のレベル変動があるので、どこまで正確かはわからない。

CD800aはデジタル表示で値が直読できるため期待したが、1KHzくらいまでしか測定できないことがわかった。逆にいえば1KHzまでは直読できるともいえる。ちなみに10Hz〜1KHzで+0.02dB〜+0.14dBだった。1KHz以上の高周波を測定する場合は、AC電圧を何らかの方法で正確なDC電圧に変換して読み取れば良いのではないか。

VP-7721Aは内蔵発振器が5Hz〜159.9KHzであることもあり、160KHz未満は測定できる。10Hz〜100KHzで-0.35dB〜0.00dBだった。低域端と高域端で落ち込むので、フラットなのは実質20Hz〜90KHzといったところ。校正していないので、初期性能をどのくらい維持しているかわからない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おんにょさんこんばんは。
測定機器や、測定のポイントなど参考にさせていただいいています。
小生も、417B+TRIO_VT-121でF特性を測っていたとこです。電圧は3.162Vです。その後、手持ちのDMMと比較しようかと計画中で、417B+VT-121で値を観測する限り正負0.1db以内で収まっていて、古くてもやるなといった感じです。確度?は無視というか、頼れる測定器が持ち合わせていないというか、趣味ですからと逃げています。測定値も出てくる音も自分で納得出来ればOKと考えています。ただ今回、作るだけではなくその性能も計測してみる事が重要だとおんにょさんから教えていただいき感謝しています。特にクロストークは実装の良し悪しが素直に現れると感じています。
daikunomokichi
2015/02/24 19:17
daikunomokichiさんこんばんは。
拙ブログは備忘録なんです。何かおかしいと思ったらココを見ろ、みたいな。測定自体は健康診断みたいなものです。
おんにょ
2015/02/24 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

AC電圧計の周波数特性 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる