おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS ソフトン新春オフ会2015

<<   作成日時 : 2015/01/13 18:53   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 7

今年もソフトンで開催された新春オフ会へ参加してきた。毎年開催して下さる善本さんには感謝する次第です。

会場でのソフトンへは10時過ぎに到着したのだが、すでにオフ会は始まっていて第1試聴室は多くの人で埋まっていた。宅急便で送った自分のアンプの開梱を済ませてから試聴室へ。

試聴室の全景を撮り忘れたので、こちらを参照。
ソフトン新春オフ会2012

はじめの頃に行われていたデモに関する記事はありませんm(_ _)m。第1試聴室で聴いていた位置が悪く、音についてのコメントは無しとした。駄耳だしね。なお、第2試聴室へは行かなかったので、そちらで行われていたことはご紹介できません。

なんかコメントが少ないような気がするけど思い浮かばないので勘弁〜。

★黄金のアンコールさん
画像

50をプッシュプルで使ったモノアンプ×2。水銀整流管83を使用。初段は6H30Pi。

50ppアンプ
http://blogs.yahoo.co.jp/asd2251sxl2001sax2251/folder/1096117.html

6H30Pi
http://blogs.yahoo.co.jp/asd2251sxl2001sax2251/33344690.html


★klmnjiさん
画像

左が5687全段差動プッシュプルアンプ、右が平衡型6N6P全段差動プッシュプルアンプ。エミッタフォロアによるA2級動作。資料(jpeg)


★daikunomokichiさん
画像

5881/6L6GC全段差動プッシュプルアンプ
http://daikinomokichi.seesaa.net/


画像

ぺるけ式TR式ミニワッターP4
http://daikunomokichi.blogspot.jp/


★mimoさん
画像

STA540を使ったシンプルなICアンプ。


画像

中身。

★おんにょ

昼食のため参加者が引き払ったのをすかさず拙トランジスタ式ミニワッターをセットし、鳴らしっぱなしにして私も食事に加わる。音源自由で試聴して頂いた。

SG-205シングルアンプ
CDとトランス式microSDプレーヤーで比較試聴。


★めのさん
画像

25CD6 CSPPアンプ。資料(jpeg)


★菊地さん
画像

六田式半導体アンプ
http://www.asahi-net.or.jp/~cn3h-kkc/claft/OPamp_drive.htm


★鹿野さん
画像

六田式半導体アンプ。出力段はトランジスタ。


画像

ALL-FET上下対称12Wアンプ。


★手仕事“ニッポン”さん
画像

UV211シングルアンプ。


画像

6C33C-B OTLアンプ。


★石井さん
画像

45シングルアンプ。


★善本さん
画像

AnalogDiscovery+フロントボックスによるアンプ測定のデモ。オシロ、電圧計、発振器、周波数特性と位相特性、スペアナと歪率。

AnalogDiscovery用フロントボックスキット
AnalogDiscovery試用記

私は歪率特性の自動計測ができたら導入したいと思う(他力本願)。オーディオアナライザ買っちゃったし、そちらを使い倒すまでは導入できないような。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
歪率特性の自動計測は厳しいと思います。SDKが提供されているので、ソフトを書ける方であれば可能な筈と行きたいのですが、DACが14BITなので本体の設定で絞ると有効BITが目減りしてしまいます。 で、出しはなるべく低歪でと言うことで、BOX側にVOLを付けています。 これはPC側からの制御は出来ないので、自動計測は無理です。 とは言え、VOLはMAXにして、抵抗切り替えタイプのような減衰比が管理されたATTを介す事で随分楽になるように思います。 ソフトンさんで売っている22接点位の奴が使いやすいかも。
めの
2015/01/13 23:01
めのさんこんばんは。昨日はお疲れさまでした。
うーん難しいですか。自動計測するにしろF特はピークとディップの周波数を見つけておいてレベルを測れば大体わかりますし、それで十分だと思います。私にとってAnalogDiscoveryは従来方法に比べて優位性を見つけられません。趣味の世界ですから時間短縮に意味があるとは思えませんし。
おんにょ
2015/01/13 23:35
一番大きいのは、周波数特性を自動プロット出来る事でしょう。しかも、位相データ付きで。データを🅿︎Cに落とせるのも便利です。FG機能も良く出来ていますし、オシロも十分使えます。場所も取らないし手軽。自分が感じるメリットです。
めの
2015/01/14 09:03
オシロもファンクションジェネレータもミリバルも持っていない人にとっては、購入する価値はあると思います。
個別にそろえるより、これ1台の方が安いですから。
ただキャリブレーションもないので、あくまで趣味の範囲の測定と言うことで。
klmnji
2015/01/14 12:44
めのさん、klmnjiさんこんばんは。
私には現状での導入は時期尚早と感じています。ただAnalogDiscoveryはある意味ブレイクスルーであって、将来性は大きいと思います。
おんにょ
2015/01/14 18:54
フリスクに向かうつもりが
歪率特性の自動計測は、GP-IBでと無謀な挑戦を始めました。(スキル不足)
7555 + EXECL(RS-232C)は、実績がありますがGP-IBは初めて触ります。「EasyGPIB」木下清美氏のサイトがサポートが終了しているのでどうなるかな?っいう感じです。
daikunomokichi
2015/01/18 14:31
daikunomokichiさんこんばんは。
歪率の自動計測ですか、凄いですね!私はオーディオアナライザを使い倒すまで、手動計測+Excel入力でいきます。
おんにょ
2015/01/18 18:53

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

ソフトン新春オフ会2015 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる