おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS トランジスタ式ミニワッター・組み立て完了

<<   作成日時 : 2014/11/14 18:52   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

画像

前後パネルは底板とネジで止めるところをリューターで表面のアルマイトを剥がし、導通が取れるようにした。これでパネルへのアース配線が不要になる。

照光式プッシュスイッチのLEDは抵抗内蔵で3〜6Vとなっているが、6Vを印加したら20mA流れたので、15Vなら(15-6)/0.02=450Ω以上の抵抗を直列に入れれば良い。手持ちの関係で680Ωにしたら15mA程度となったが、明るさは殆ど変わらなかった。

本体の組み立てを始めた。タカチのCH型コントロールボックスは各パネルがバラバラになるので、弁当箱シャーシのようにパーツを全部組み付けてから配線を始める必要がない。

電源トランスを取り付けると重いので、アンプ部と電源部の基板のみを底板に取り付けて配線を済ませた。続いて電源トランスの配線をあらかじめ行ってから取り付けた。その際、うっかりドライバーで底板を傷つけてしまった。

まあいいや。どうせ普段は見えないし…。

後面パネルへの配線、入力のシールド線も済ませてから底板に取り付ける。さらにボリューム周りの配線、電源スイッチ周りの配線を終わらせてから前面パネルを取り付けた。

サイドパネルを取り付けると、残るは天板のみとなる。天板ははめ殺しなので、取り付けるためには一旦サイドパネルを外さなければならないから、とりあえず付けないでおく。

この状態で配線チェック。ボリューム〜アースへの配線を忘れていたので追加。

電源を投入して各部の電圧が正常であることを確認。試作機と回路が同じ、基板を移設しているだけなのでまあ当然かな。

天板を乗せて1時間ほど放置、DCオフセットの調整。天板を乗せたり外したりするだけでずれてしまうので、天板を外す→調整→天板を乗せるを数回繰り返して完了。

画像


アルミ地だと太陽光が反射して周りがアンダー露光になってしまい、うまく撮影できない。そこで窓際で撮ったのだがやはり明暗ができてしまっている。屋外で曇天の時に撮影すれば良いが、なかなかそのチャンスがない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
きれいに出来上がりましたね。
スイッチがカッコイイです。

放熱穴はやはり必要でしょうか?
marugo
2014/11/16 01:55
marugoさんこんばんは。
2SC4881/2SA1931に0.1A流した時はPc=0.74W、あのヒートシンクをつけて絶対定格のTj=150℃を超えないための周囲温度Taを計算したら124℃になりました。なのでディレーティングを考慮しても穴無しで全然余裕でしょう。
おんにょ
2014/11/16 18:15
あ、1つ書き忘れました。終段トランジスタのアイドリング電流を絞れば温度が下がるので、密閉ケースでもさらに大丈夫ですよ。
おんにょ
2014/11/16 18:31
ご回答ありがとうございました。
本家でも放熱穴無しの作例が発表されましたし、穴無しでよければ手間も省けるのでよかったです。
次回に作成したいと思います。
marugo
2014/11/17 01:15
marugoさんこんばんは。
天板の温度を測ってみたら室温20℃で30℃でした。密閉ケースで内部の温度は室温+15℃くらいと思われます。穴無しでも大丈夫でしょう。
おんにょ
2014/11/17 18:43

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

トランジスタ式ミニワッター・組み立て完了 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる