おんにょの真空管オーディオ

アクセスカウンタ

zoom RSS DC-DCコンバータの評価・その2

<<   作成日時 : 2014/08/13 18:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

前回は3A5を1本のみで評価したが、今回は2本を並列にしたらどうなるか実験してみた。


画像

実験用の回路図を上記に示す。3A5のフィラメントを並列にすると1.4V0.22A。2本並列にすると1.4V0.44A。抵抗R1は(3.3-1.4)/0.44=4.32Ωとなる。手持ちの抵抗4.7Ωと47Ωを並列にして4.27Ωとした。

電源トランスは、段ボール箱をゴソゴソしたら東栄のJ1205が出てきたのでこれを使う。2次側は6V/8V/10V/12Vのタップがあり、電流は0.5A。


画像

バラックで実験中。電流を測るたびに電流計を割り込ませるのは面倒なので、スイッチをつけてデジタルマルチメータを電流測定レンジで接続し、OFFにして測定した。


画像

結果を上記の表に示す。入力電圧Vinが低いほど入力電流が多く流れるので、電源トランスの電圧とVinとの差がなくなる。

出力電圧はどの場合でも同じ。リプル・ノイズは電源トランスの電圧が低いほど下がる。また、最も効率が良い入力電圧は9.1Vで64.3%だった。

最終目的である、DC-DCコンバータを2個使って4本の3A5を点火した場合を考える。フィラメント電流が合計0.88AでDC-DC出力電圧3.3V、効率を最低60%として入力側では0.88*3.3/0.6=4.84W、余裕を見て5Wとする。

電源トランスの容量は、6.3Vでは0.8A流れる計算になるから1Aが最低ラインか。同様に12.6Vでは0.4A流れる計算になるから0.5Aが最低ラインになると思う。実際に試してみたわけではないのでご参考。

電源トランスの電圧を上げるほど電流容量は減らせるが、DC-DCコンバータの入力は最大DC18Vであるので電源トランスは14V以上にはできない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

関連ブログRSS

DC-DCコンバータの評価・その2 おんにょの真空管オーディオ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる